山形サトウクリニックはがん免疫監視療法、がん温熱療法が受診できるクリニックです

医師紹介

山形サトウクリニックの院長と、サトウクリニックグループである横浜サトウクリニックの院長をご紹介します。

山形サトウクリニック院⻑

患者様目線で、独自の免疫監視療法に特化

山形サトウクリニック院長 山口眞澄の写真
横浜サトウクリニックの先代院長、佐藤一英の時代からリンパ球療法とBRP療法を主とした治療をおこなっております。また、「がんは自分で治す」という現横浜サトウクリニック理事長の治療方針に従い、日々患者様の状況に合った形での対応を常に意識し診療にあたっております。
山形サトウクリニック 院長
山口 眞澄

横浜サトウクリニック院⻑

免疫力を高めることが、がんと闘うために必要です

横浜サトウクリニック院長 佐藤忍の写真

1970年に免疫監視療法という免疫によるがんの治療法を確立し当クリニックがかかわった臨床例は2万件を数えるに至っております。「免疫力を高めればがんを封じ込める」免疫監視療法は、化学療法や放射線治療とは対照的に、患者様の身体を痛めつけることなく、QOL(生活の質)を保つことを最大の特徴としています。がんの治療法は、「手術」「抗がん剤」「放射線治療」の3つが主流ですが、私は、いずれの治療法を選択しても根本的にがんと闘うために大切なことは、免疫力を高めることだと考えております。
横浜サトウクリニック院長 
佐藤 忍

院⻑経歴

群馬大学大学院医科学研究科卒
東京⼥⼦医科大学第2外科を経て、現在
横浜サトウクリニック院⻑
医療法人社団⾃然会理事⻑
⽣体防御療法研究会副会⻑

がん免疫療法の山形サトウクリニックトップへ